オフィス・夢の峠のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新居浜浦を歩いてきました!!(夢の峠)

<<   作成日時 : 2012/05/11 14:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今、「(再考)ありし日の新居浜」という原稿を書いているので、
久々に新居浜浦(つまり旧市内と言われているところの海岸部)を歩いてきました。
もう一度、漁村だった頃の新居浜を再検討してみようと言う原稿です。
基礎資料はほぼそろったので、
もう一度現地を歩いてみたいと思いました。
別子銅山の鉱石の積み出し基地だった所のあとが公民館になっている
口屋跡公民館にクルマを止め、
てくてくと歩きました。
まず、西へ向かって歩き、中須賀という所まで歩きました。
中須賀の子供広場の側に金比羅様が祀られていて、
ここに以前、恵比寿神社があったと言われていたからです。
とっても小さい祠と言ったほうがいい金比羅様をパチリーー。
見る影も無いのですが、昔はこの辺りに恵比寿神社があったのかなあーー。

海岸通をてくてくと大江まで歩くことにしました。
途中、民家の中に、結構古い祠がありました。
ひょっとして、これが昔の恵比寿神社のあとかもしれませんよ。
そこお宅に聞いてみようかなと思いました。

それは次回にして、大江まで歩きました。
工場群になり近代化した港になっていて、
漁村と言う感じはありませんが、
昔は豊かな浜だったんだろうなあーー
(それを十分裏付ける史料も残っているんです!!)、
と何度もつぶやきながら。
漁師さんがお魚を売っている店が並んでいたところも、今は寂れてしまっていました。
なんだかねえーー。

大江浜のふれあい広場という所に行きました。
お年寄りの方がゲートボールを楽しんでいました。
そこにお魚の慰霊塔である魚塚と恵比寿神社等があるのです。
郷土史家の方が色々書かれた資料があるので、
僕の記憶違いを正しに行ってきました。
僕は大江の恵比寿神社と東須賀の恵比寿神社の配置を逆に覚えていたのです。
やっぱり逆でした。
年号とかを彫ったところも良く分かっていなかったので、
僕の目で読めるところは読んで、後は資料で補いました。
魚塚は天保9年にこの場所に立てられたのだそうです。
西条藩領第一の魚場であり、西条藩領唯一の魚座(公設市場のような所)があったのが、
昔の大江の辺りなのだそうです。
やっぱり豊かな浜だったのではと、改めて思いました。
続きは出来上がった原稿を見てください。
乞うご期待!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新居浜浦を歩いてきました!!(夢の峠) オフィス・夢の峠のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる